[鳥取・島根]珍?B級?もっと評価されるべきオススメ穴場スポット10選

編集部べーやん
編集部べーやん

ラズダ編集部厳選!もっと評価されるべき鳥取・島根のオススメ穴場スポット特集

家族や友達とおでかけするとき、よく行くお気に入りのスポットはありますか?

鳥取県・島根県には魅力的な場所がたくさんあるけど、実はあまり知られていない…というスポットも多数。編集部でも常日頃「もっと評価されてもいいんじゃないの!?」と思っているスポットも少なくありません。

そこで今回は、ラズダ編集部がオススメする「鳥取・島根の穴場的B級・穴場スポット10選」をお届け。ぜひおでかけの参考にしてみてくださいね!

YouTubeチャンネル「ラズダTV」でも見られます↓↓

サムネイル

【穴場スポット①】日本海と水仙が織りなす唯一無二の絶景

唐音水仙公園

まずご紹介するのは、島根県益田市の鎌手地区にある花園。地域に人たちによって守られてきた水仙の群生地で、なんと200万球を超える日本水仙が咲いているのです! 日本海と水仙による山陰屈指の絶景が広がっていますよ。

水仙の見頃は、例年だと1月末頃まで。駐車場もトイレもあるので、ここ目当てにお出かけするのはもちろん、近くに来た時は、ドライブ休憩がてらに立ち寄るのもいいですね。鼻をくすぐる水仙の香り、波の音のBGMと、目だけでなく五感を刺激する癒しがいっぱいですよ!

【過去の取材記事】
深呼吸したくなる日本海の絶景!益田の花園『唐音水仙公園』がぼちぼち見頃

唐音水仙公園

カラオトスイセンコウエン
住 所:島根県益田市西平原町1598 [MAP]
営 業:周辺自由

駐 車:20台
情 報:HP

【穴場スポット②】全国唯一の「泊まれる博物館」

奥出雲多根自然博物館

島根県仁多郡奥出雲町にあるお城みたいな建物。実はこちら、国内唯一の「泊まれる博物館」

40億年もの生命の歴史を様々な展示・体験を通して、遊びながら学べちゃう博物館。館内は1Fにアロサウルスの全身骨格標本などがあり、2Fには色とりどりの貝が展示してあります。

また、宿泊者限定のお楽しみ「ナイトミュージアム」も評判。19~21時の間はライトアップされた空間で、昼間とは雰囲気が異なる恐竜の化石などを見学できます! 3~5階は宿泊用の全19部屋の客室フロアになっていて、恐竜フィギュアやパネルが配された2段ベッド4人部屋の恐竜ルームが特に好評とか。

【過去の取材記事】
全国唯一の「泊まれる博物館」!?『奥出雲多根自然博物館』で恐竜ナイトミュージアムを体験してきた!

奥出雲多根自然博物館

オクイズモタネシゼンハクブツカン
電 話:0854-54-0003
住 所:島根県仁多郡奥出雲町佐白236-1 [MAP]
営 業:9:30~16:00
料 金:入館大人400円、高大生300円、小中生200円、未就学児無料

休 み:火曜(祝日の場合翌日)、12/30~1/1
駐 車:あり

情 報:HP Twitter  Facebook  Instagram

【穴場スポット③】森に浮かぶ球体ドームで宿泊!

風の国 グランピングサイト

江津市桜江町の温泉リゾート『風の国』にあるグランピングサイト。森の一角には、空中に浮かぶ球体型のテント3基と、ドーム型のテントが2基常設。“森に泊まる” 非日常体験ができます。

球体型・ドームテントの中にはふかふかのシングルベッドが2つ。テーブルも設置され、かなり快適に過ごせます。天井の一部が透明になっているので、テントの中から森の景色を眺めたり、夜には星空を眺めながら眠りについたりできますよ。

【過去の取材記事】
[島根で手ぶらキャンプ]森に浮かぶ球体ドームに泊まる!『風の国』で非日常体験を

温泉リゾート 風の国 グランピングサイト

カゼノクニ
電 話:0855-92-0001
住 所:島根県江津市桜江町長谷2696 [MAP]
駐 車:250台
情 報:HP Instagram 宿泊専用サイト

【穴場スポット④】ヒマワリと日本海の絶景

鳴り石の浜

鳥取県琴浦町の景勝地『鳴り石の浜』。名前の由来は、打ち寄せる波が引く際、石同士がぶつかって“カラコロ”と音が鳴ることからだそう。

年間を通して、美しい景色が見られることで有名ですが、特にオススメは夏。約2000本ものヒマワリが植わるヒマワリ畑が広がっていて、見ごろは7月下旬~8月上旬、8月中旬~下旬です。

辺りが朱色に染まる夕刻の散策も気持ちいいですし、ドライブのひと休みに寄り道するのもオススメですよ!

【過去の取材記事】
[琴浦町]ヒマワリ×日本海の絶景!カラコロと音が鳴り響く『鳴り石の浜』

鳴り石の浜

ナリイシノハマ
電 話:0858-55-7811(琴浦町観光協会)
住 所:鳥取県東伯郡琴浦町赤碕1053 [MAP]
営 業:散策自由

駐 車:50台
情 報:HP

【穴場スポット⑤】檀上一面を埋め尽くす金色の仏様

一畑薬師

島根県出雲市の『一畑薬師』。麓から本堂へ続く約1200段の石段を上った先、5番目のお堂である「八堂(はちどう)」へ行くと、高さ24センチの仏像が整然と並び立つ驚きの珍百景が楽しめます。

まゆ毛がチャーミングな羅漢像(らかんぞう)もお見逃しなく!

【過去の取材記事】
仏様だらけな珍百景!まぶしい&神々しい『八万四千仏』は話題性抜群!?

八万四千仏

ハチマンシセンブツ
電 話:0853-67-0111(一畑薬師)
住 所:島根県出雲市小境町803 一畑薬師内 [MAP]
営 業:8:30~17:00
料 金:参拝無料

休 み:なし
駐 車:130台

情 報:HP Facebook

【穴場スポット⑥】THE 日本の原風景!

山王寺の棚田

雲南市大東町の北東部、標高300mの位置に広がるのは、「日本の棚田百選」にも選ばれる「山王寺の棚田」。山肌の約19haに、およそ200枚の棚田が連なって広がる景観は、自然豊かな雲南市でも屈指の絶景です。

例年5月からは、棚田に水がはられ各所で田植えがスタート。水面に空や周辺の景色が映り込む、初夏の絶景が楽しめますよ。

【過去の取材記事】
THE日本の原風景!夕日に染まる『山王寺の棚田』が癒し効果抜群!

山王寺の棚田

サンノウジノタナダ
電 話:0854-42-9770(雲南市観光協会)
住 所:島根県雲南市大東町山王寺 [MAP]
営 業:周辺自由
料 金:入場無料

駐 車:5台
情 報:HP

【穴場スポット⑦】山陰最大規模の巨大迷路

心の駅 陽だまりの丘

雲南市大東町にある総合レジャーパーク。敷地内には名物の巨大迷路のほか、キッズバイクコース、ミステリアスなパワスポ、お花スポット、さらにBBQハウスなども点在。

巨大迷路は毎年仕掛けがリニューアル。何度訪れても新鮮な気持ちでチャレンジできます!さらに、夏は「ひまわり迷路」も登場。一面に広がる2万5千本の満開のひまわりが咲いている中を進んでゴールを目指す、夏ならではのコースです。

【過去の取材記事】
巨大迷路ドラゴンメイズがアップデート!雲南の超B級スポットがハチャメチャ

真夏の挑戦!雲南市の『心の駅 陽だまりの丘』のひまわり迷路で冒険しよう!

心の駅 陽だまりの丘

ヒダマリノオカ
電 話:0854-43-8181
住 所:島根県雲南市大東町上佐世294 [MAP]
営 業:9:00~17:00
料 金:入園無料*ドラゴンメイズ挑戦料はスタンダード大人660円、4歳~小学生550円、3歳以下無料、忍者コースは一律550円

休 み:12~2月
駐 車:100台

情 報:HP

【穴場スポット⑧】ま~るい建物の中はフィギュアパラダイス!

円形劇場くらよしフィギュアミュージアム 

こちらはなんと、旧円形校舎を活用したフィギュア専門のミュージアム

人気キャラクターから恐竜、ミリタリー、日本文化、動物など、およそ2000点ものフィギュアが集結しています。大人の都合上、写真で多くは見せられませんが、みんなが知っているあんなキャラクターやこんなキャラクターのフィギュアもたくさん並んでいます!

ジオラマを好きなフィギュアを並べて撮影できたり、制作体験ができたりと楽しみ方も様々。

【過去の取材記事】
ま~るい形の建物の中はフィギュアの一大パラダイス!『円形劇場くらよしフィギュアミュージアム』

円形劇場くらよしフィギュアミュージアム

エンケイゲキジョウ
電 話:0858-27-1200
住 所:鳥取県倉吉市鍛冶町1-2971-2 [MAP]
営 業:9:00~17:00*GW・夏季は9:00~18:00
料 金:【常設展】入場高校生以上1000円、小中生500円、未就学児無料

休 み:無休
駐 車:51台

情 報:HP Twitter   Facebook

【穴場スポット⑨】レトロ自販機が集結したコインレストラン

コインレストラン コウラン

島根県出雲市斐川町にある自販機レストラン。

店内には麺類専用自販機など、昔なつかしいレトロ自販機がずらりと並んでいましたよ!ラーメン・うどんが調理された状態で出てくる麺専用自販機、パッケージされたご飯ものや惣菜が階層式につめ込まれた自販機など、店内には興味深いレトロ自販機が多数。

「どれ食べようかな」というよりも、「どの自販機使ってみようかな」という好奇心が勝る空間ですね!

【過去の取材記事】
[動画]激渋!出雲市の昔なつかしレトロ自販機でランチしてみた【youtube|ラズダTV】

コインレストラン コウラン

コウラン
電 話:0853-72-8211
住 所:島根県出雲市斐川町上直江1306 [MAP]
営 業:0:00~24:00(24時間営業)

休 み:無休
駐 車:あり

【穴場スポット⑩】日本に3台だけの公衆電話

デュエットフォン

津和野町の『マリア聖堂』のそばにあるのは、受話器が2つ付いた珍しい公衆電話

これは3人で通話ができる公衆電話はその名も「デュエットフォン」。1990年にNTTが電話開業100年を記念して制作したものとか。現在は神奈川県川崎市と香川県観音寺市、そして津和野町の3台のみが残っている貴重な公衆電話です。

【過去の取材記事】
日本に3台だけ!受話器が2つある津和野の公衆電話『デュエットフォン』は恋愛成就の効果も!?

デュエットフォン

デュエットフォン
電 話:0856-72-1771(津和野町観光協会)
住 所:島根県鹿足郡津和野町後田乙女峠 [MAP]
営 業:周辺自由

駐 車:乙女峠マリア聖堂駐車場を利用

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部べーやん

タウン情報ラズダ編集部

編集部べーやん

山陰のタウン情報誌「ラズダ(Lazuda)」の編集長。出雲市佐田町出身。
入社以来、ラズダを作り続ける編集スタッフ。新しいラーメン屋には行かなきゃ気が済まないィィ性格(だそう)。
超ローカルYouTubeチャンネル「Lazuda TV」の立ち上げから、企画・編集・出演を務めています!

【べーやんの過去記事一覧はこちら】

YouTubeチャンネル【Lazuda TV】

べーやんのTwitter

会社のべーやんブログ