創業1865年の老舗『菓子工房たてたに』のご当地スイーツはお土産に◎-雲南市

うんなんエリア観光情報
うんなんエリア観光情報

地域とともに歴史を歩む老舗菓子店『菓子工房たてたに』。郷土色豊かなスイーツに注目を

雲南市加茂町にある『菓子工房たてたに』は、創業1865年から続く老舗菓子店。

創業当時からの味を守る「白ようかん」や、雲南スイーツプロジェクトから誕生した「杜のズコット」をはじめ、店内には和菓子、色とりどりの手作りケーキ、焼き菓子などがずらりと並びます。

『たてたに』は、創業当時は和菓子店でしたが、時代の移り変わりとともに洋菓子も取り扱うように。新商品の開発にも余念がなく、新たな和洋折衷スイーツも続々と登場中!

店内には常に60種類以上もの商品が並びますよ。

『菓子工房 たてたに』の場所・アクセス

『菓子工房 たてたに』は松江市と雲南市を結ぶ国道54号線沿いにあります。

営業時間は9:00~18:30で、定休日は基本的に元日のみですが、不定休もありますのでご注意を。

『たてたに』の店内にはイートインスペースもあり、カフェ利用もできちゃいます。

ドリンクメニューはコーヒー、紅茶のほか、ジュースなども。オススメは自家焙煎の「オリジナルブレンド」(440円)。しっかりとしたコクのあるコーヒーは、どんなスイーツとも相性バツグンです。

その日のうちに食べて欲しい!イチオシ「お茶目さん饅頭」

『たてたに』イチオシの商品はひと口サイズの黒糖饅頭「お茶目さん饅頭」。黒糖のもっちりした皮と、あっさりとした甘みのあんこのバランスが絶妙なんです!

1個69円とお値段もリーズナブルで、ちょっとした手土産にもオススメ。

毎朝ほんのりと温かい蒸したてのお饅頭が店頭に並び、開店と同時に買い求める人も。購入から3日程度はおいしくいただけますが、やっぱりその日に食べてもらうのが一番とのこと。

人気商品のため午後には売り切れていることも多いこちらの商品。確実に購入したい方は早めの来店がベターです。

ふわふわ食感が楽しい「杜のズコット」

数ある洋菓子の中でも特に人気の「杜のズコット」は、雲南のこだわり食材を使用した米粉のチーズスフレ。

普通のチーズケーキよりもふわふわしっとりしているのが特長で、口の中でとけるような食感がクセになります。ズコットはプレーン(999円)とショコラ(1026円)の2種類あり、カット(162円)での販売もしています。

“ご当地感強め”な『たてたに』のスイーツはお土産にピッタリ

店内にはほかにも、加茂岩倉遺跡の銅鐸を模した「銅鐸最中」(152円)、雲南市でコウノトリが生まれた際に記念して登場したブッセ「コウノトリ応援菓」(227円)など、地域の話題やニュースをモチーフにしたお菓子が多く並びます。

今の時期は地元産のサツマイモを使用した「吉田くんイチオシ!すい~とぽてと」(173円)が人気。

パッケージは吉田くんの産みの親・FROGMANさんが、そのおいしさに感動し自らデザイン!

すい~とぽてとを頬張る吉田くんは、たてたにオリジナルのデザインなんですよ。

これらの商品には、店長の坪内さんの「お菓子をもらった人が、この地域の明るい話題で盛り上がれるように」との想いが込められています。

『たてたに』で使われている玉子は雲南市内で生産されたネッカエッグ、牛乳は木次乳業など地元の食材が中心。味も見た目も“ご当地感強め”なスイーツは、お土産や、遠方の方への贈り物にもピッタリですね!

雲南の恵みに育まれた個性豊かなお菓子の数々を楽しんでみてはいかがでしょうか?

菓子工房 たてたに

カシコウボウ タテタニ
電 話:0854-49-7020
住 所:島根県雲南市加茂町東谷88-2 [MAP]
営 業:9:00~18:30
休 み:元日、その他不定休あり
駐 車:10台
情 報:HP

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
うんなんエリア観光情報

雲南広域連合

うんなんエリア観光情報

雲南市・奥出雲町・飯南町の旬な話題をみなさんにお届け。地元グルメやレジャーにとどまらず、多彩な情報を発信します!SNSも随時更新中!

【うんなんエリア観光情報の過去記事一覧はこちら】

うんなんエリア観光情報Instagram

うんなんエリア観光情報Facebook

うんなんエリア観光情報HP

ケーキ・焼き菓子スイーツ・おやつ季節限定お土産ご当地グルメ・食材喫茶店地元を応援!和菓子プレゼント・贈り物名物