出雲市大社町に『NIPPONIA 出雲大社 門前町』6月1日オープン。歴史ロマンあふれる注目の宿

編集部いしやん
編集部いしやん

元診療所をリノベーション!『NIPPONIA 出雲大社 門前町』が出雲市に誕生

2022年6月1日、島根県出雲市に「体にやさしいフレンチと地酒のペアリングが楽しめるお宿」と題した『NIPPONIA 出雲大社 門前町』がオープン予定。

「NIPPONIA」とは、各地に点在して残されている古民家を、その歴史性を尊重しながら客室や飲食、および店舗としてリノベーションし、その土地の文化や歴史を実感できる複合宿泊施設として再生していく取組みのこと。

この取り組みは全国で広まっていて、今後の地方創生のあり方として注目を集めているんです。

出雲市では、築220年の元酒蔵を再生した『NIPPONIA 出雲平田 木綿街道』、漁師町の商家と元船宿の『NIPPONIA 出雲鷺浦 漁師町』に続いて3拠点目となります。

【関連記事】[出雲市オープン]旧酒蔵を活用したリノベ宿『NIPPONIA出雲平田木綿街道』

こちらの建物は元々、大正時代に開業した診療所。

洋館と日本家屋が調和した大正モダンな建物で、約100年の歴史をそこかしこで感じられます。(すごい・・・)

そんな歴史ロマンあふれる『NIPPONIA 出雲大社 門前町』の魅力をまるっとご紹介!

『NIPPONIA 出雲大社 門前町』の場所、駐車場

『NIPPONIA 出雲大社 門前町』がオープンしたのは出雲市大社町。出雲大社前駅から徒歩3分ほどで『出雲大社』までも5分ほどの距離。言うまでもなく、出雲大社観光の拠点にはピッタリな立地です。

建物は母屋と離れの2棟となっていて、客室数は6室。駐車場は10台分完備されています。

『NIPPONIA 出雲大社 門前町』は木の温もりを感じられる空間とモダンな家具

『NIPPONIA 出雲大社 門前町』のコンセプトは、「凛と和らぎ、風土薫る美食の宿」。

時代を感じられる客室は、当時の雰囲気を残しつつ、木の温もりを感じられる空間に。美食の宿として生まれ変わりました。

見事な梁とモダンな家具がマッチしていてステキな空間ですよね!

また、各部屋に利用無料のWi-Fiが完備されているのでワーケーション利用もできそうです!

『NIPPONIA 出雲大社 門前町』で味わう「出雲の地酒と巡る、香りのフレンチ」

施設内に併設するレストラン『Cuisine OKU』。こちらのコンセプトは「出雲の地酒と巡る、香りのフレンチ」。

農家さんから直接仕入れる出雲産の野菜や新鮮な魚介類。地物にこだわったおいしいフレンチを堪能できます。

「からだの中から美しく」。美と香りをテーマにした料理は、ヘルシーでやさしい味わいが特徴で、心穏やかなひと時が過ごせます。

県外からの旅行者だけでなく、地元に住んでいる人も、記念日などの特別な日の選択肢として候補に入れておきたい!

地元食材はお肉も。島根和牛を使ったフレンチ料理も味わえます!

出雲の地酒。やさしいフレンチ料理との相性は抜群ですよ!

山陰に住んでいる人も、出雲大社へ観光で来られた方も、『NIPPONIA 出雲大社 門前町』で大正モダンな空間と体にやさしいフレンチ料理、そして地酒を堪能しちゃいましょ!

NIPPONIA 出雲大社 門前町

ニッポニアイズモタイシャ
電話:0853-31-4856
住所:島根県出雲市大社町杵築南1359-1 [MAP]
料金:1泊2食付き3万円~(1室2名利用時の1名当たりの料金)
駐車:10台
情報:HP

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部いしやん

タウン情報ラズダ編集部

編集部いしやん

島根・鳥取のタウン情報誌ラズダ編集部スタッフ。島根県松江市出身→浜田市→大阪→奈良→松江市在住。
「日刊webラズダ」では編集デスクを務めています(ただの机です)。喫茶店の冷えたおしぼりと、帽子が大好物な三十路。
日刊webラズダでは主にグルメ、ショップ、キッズ関係の記事を担当しています。あ、あとバツイチ&2児のシングルファーザーです。(←どうでもいい??)

【いしやんの過去記事一覧はこちら】

ラズダ公式Twitter

ラズダ公式Facebook

いしやんのInstagram(フォロー歓迎!)

会社のいしやんブログ