【新店】米子市『ゲッティータナカ』はラーメン屋みたいなパスタ屋!?

編集部あつきち
編集部あつきち

箸で食べるパスタ!?『ゲッティータナカ@Kitchen Lab.ハミング店』が米子にオープン

今年4月、米子市両三柳にオープンしたパスタ専門店『ゲッティータナカ@Kitchen Lab.ハミング店』。

「麺でニッポンを熱狂させる!」をコンセプトに掲げる、アツ~いパスタ屋さん。量や食感にこだわったパスタが食べられますよ。

「気軽に楽しんで欲しい」との思いから、パスタを箸で食べるスタイルのお店。箸で食べればガツガツいけそう!

『ゲッティータナカ』の場所、駐車場

『ゲッティータナカ』の住所は鳥取県米子市両三柳168。『Kitchen Lab.ハミング』内にあります。黒い外壁の建物が目印です。

営業時間は11時30分~16時(OS15時30分)、駐車場は5台完備。

★なお、『ゲッティータナカ』営業時間前は、同じ店舗内で『Kitchen Lab.ハミング』が営業しています。

昼からガッツリ食べられるパスタ。ボリューム申し分なし!

パスタ専門店と聞くと「オシャレ」、「女性向け」のイメージ。

ですが『ゲッティータナカ』では、ラーメン屋のように胃袋を満たす満足感のある麺、そして、ひとりでも来れる気軽な雰囲気を追求。

ラフなスタイルで、サクッとパスタが味わえますよ!

パスタの注文は食券機。
これもラーメン屋っぽい!?

木と緑を基調としたシンプルな店内。カウンター席もあるので、ひとりでも気軽に行けちゃいますね!

個性派揃いの『ゲッティータナカ』オリジナルパスタ

『ゲッティータナカ』のイチオシパスタをご紹介!

まずは、店イチオシの「下町のナポリタン並盛」(800円)。

ケチャップのみで味付けをした素朴な味わいのナポリタン。銀色のお皿も含めて、どこか懐かしさを感じます。

並盛でも麺の量は450gとかなりのボリューム。おまけにトーストも!お腹もしっかり満たせること間違いなしです。

こちらは男性、女性どちらにも人気の「明太くりーむ並盛」(900円)。

あっさりとしながらもコクのあるクリームソースが絡む「明太くりーむ」。大山こむぎで作ったモチモチの生麺と相性抜群です。

添えられたニンニクペーストをソースに溶かすと、パンチの効いた味わいに変化しますよ。

『ゲッティータナカ』には生野菜がないので、代わりに青汁をおいています。この発想もユニーク・・・。

みなさんの健康にもやさしいパスタ屋さん。

年度末まで使える、プラチナ会員カード(3万3000円)もあります。プラチナ会員カードを購入すると、プラチナ会員と会員と一緒に行った方1名も、1日1回無料で食べられます。

さらにプラチナ会員限定のメニューもあるそうで・・・。リピートされる方はプラチナ会員がお得かも。

ゲッティータナカ@kitchen Lab.ハミング店

ゲッティータナカ キッチンラボハミングテン
住 所:鳥取県米子市両三柳168 Kitchen Lab.ハミング内[MAP]
営 業:11:00~16:00(OS15:30)

休 み:火・水曜
駐 車:5台
情 報:HP Facebook Instagram

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部

編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部。鳥取県米子市、白ネギがおいしい町出身。

好きな食べ物は旬の野菜とくだもの、大豆製品。夏に見るツヤッツヤなナスと、冬のぶっくり太ったカブを見つけると、うれしくてテンションが上がります!

取材先で感動した場所は隠岐の島「摩天崖」、思い出の取材先は境港市「ポパイ」と大田市「Cafe Asbach」。
偶然が生む発見が大好物!ハプニングは好きな方です!

【あつきちの過去の記事一覧はこちら】

ラズダ公式Instagram

あつきちのInstagram