出雲市白枝町に牛骨ラーメン『麺屋 ハレの日』オープン。琥珀色のコク旨スープをすする

めんあるき
めんあるき

【食べなきゃソンソン!vol.79】出雲市:牛骨ラーメン『麺屋 ハレの日』

出雲市白枝町の『スーパーセンタートライアル出雲白枝店』近くに、2022年6月8日オープンした『麺屋 ハレの日』。

カウンター5席の小さなラーメン店。店主の横浜健二さんは「鳥取牛骨ラーメン」の本場、鳥取県中部出身で、馴れ親しんだ牛骨出汁をベースに、魚介を合わせた「牛骨ラーメン」を提供しています。

キレとコクを合わせ持つ琥珀色のコク旨スープと、極太麺が相性良し。「牛骨ラーメン琥珀(太麺)」

『麺屋 ハレの日』のメニューは「牛骨ラーメン琥珀(太麺)」、「牛骨ラーメン琥珀(細麺)」、それに「ライス」とシンプル。

この日は「牛骨ラーメン琥珀(太麺)」をいただいた。

クリアな琥珀色の淡麗スープは、牛脂の甘み、すっきりとキレのある牛骨出汁に、魚介のうま味が効いていて、コクも感じる奥深い味わい。

牛骨出汁ベースに、煮干しと昆布、白醤油を使ったカエシを合わせてあるそうだ。

麺は自家製麺で、うどんやきしめんを思わせるような、多加水ストレート平打ち極太麺。モチモチとした食感で個性のある麺だが、スープのうま味がシッカリとしているので相性良し。

スープもよく絡み、麺を食う楽しさがある。

トッピングは、チャーシュー、牛すじ、ローストされたトマト、味玉、刻み玉ねぎ、水菜、レッドキャベツスプラウト、白髪葱、糸唐辛子。

プリプリな牛スジがスープと良く馴染み、トマトの酸味がアクセントになっている。

そして、もともと牛骨出汁と胡椒は相性がいいので、テーブルの胡椒で味変するのもオススメ。

麺屋 ハレの日

メンヤハレノヒ
住 所:島根県出雲市白枝町448-3 [MAP]
営 業:11:00〜14:30,17:00〜20:00
休 み:火曜
駐 車:あり
情 報:Twitter Instagram

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
めんあるき

フリーカメラマン

めんあるき

本職はフリーカメラマン。ラーメンの食べ歩きをライフワークとする自他ともに認めるラヲタカメラマン。その他B級グルメをはじめ、美味いもの大好き。地元フリーペーパーLazudaにて連載コラム「食べなきゃソンソン!」も執筆中。

【ブログ|麺ある記 山陰 ~松江・島根・鳥取・ラーメンの旅~】

【スタジオMのHP】

【めんあるきの過去記事一覧はこちら】