米子市『Cafe L'ecrin』の糸みたいな新食感かき氷「糸ピンス」が人気

編集部べーやん
編集部べーやん

韓国発の糸状の氷スイーツ「糸ピンス」が人気。米子市の『Cafe L’ecrin』へ

夏と言えば「かき氷」。常夏の毎日がやって来る前に、ひと足早く注目の「かき氷」をピックアップ!

今回は米子市にある手作りシフォンケーキ店『Cafe L’ecrin(カフェレクラン)』を紹介。

糸状の氷が折り重なった、韓国発の新感覚かき氷「糸ピンス」が楽しめますよ!

『Cafe L’ecrin』の場所、駐車場

『Cafe L’ecrin』は、米子しんまち天満屋の2階に入っています。ショッピングついでに、かき氷を食べられますね。

営業時間は10時~18時。定休日は不定休なので営業日を確認してから向かいましょう!

【米子市のおすすめランチ】【新店】米子市『ゲッティータナカ』はラーメン屋みたいなパスタ屋!?

あれもこれも気になる種類豊富なフレーバー!

全国でブーム到来中の韓国発かき氷「糸ピンス」が味わえる『Cafe L’ecrin(カフェレクラン)』。

チョコミントや20世紀梨、キャラメルなど、10種類以上ものフレーバーがあって、あれこれ選ぶ時間も楽しめそう♪

■韓国風糸状かき氷糸ピンス ミルクティ(1200円)※テイクアウトは700円

糸状に氷が折り重なった韓国発の「糸ピンス」は、1ミリ以下の糸状に削ったふわふわな氷が特徴。口どけが良く、新感覚な体験ができますよ〜。

見た目も「四角いかき氷」になっているので、インパクトもあって写真映えも間違いなし!

涼しい店内で食べるのもいいけれど、あえて暑〜い外で夏を感じながら食べたい方はテイクアウトもOK。

なお、提供期間は夏だけではなく通年で提供中。夏が終わっても「糸ピンス」を堪能できますよ。

今日も充分暑いのに、これからさらに暑〜い毎日が続くんですよね・・・。かき氷を食べて、夏の暑さを乗り切りましょう!

Cafe L’ecrin

カフェレクラン
電 話:0859-35-1244
住 所:鳥取県米子市西福原2-1-10 米子しんまち天満屋2F [MAP]
営 業:10:00~18:00
休 み:不定休
駐 車:米子しんまち天満屋駐車場を利用
情 報:Instagram

【初夏のおすすめ記事】凛と咲く大神山神社のあじさい。絶品パン&お花を巡る朝活ドライブin米子市【梅雨ネタ】

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部べーやん

タウン情報ラズダ編集部

編集部べーやん

山陰のタウン情報誌「ラズダ(Lazuda)」の編集長。出雲市佐田町出身。
入社以来、ラズダを作り続ける編集スタッフ。新しいラーメン屋には行かなきゃ気が済まないィィ性格(だそう)。
超ローカルYouTubeチャンネル「Lazuda TV」の立ち上げから、企画・編集・出演を務めています!

【べーやんの過去記事一覧はこちら】

YouTubeチャンネル【Lazuda TV】

べーやんのTwitter

会社のべーやんブログ