[広島⇔島根の日帰りドライブ旅]秋のお出かけは歴史や自然を体感してみない?【ラズダ広告】

編集部みずっち
編集部みずっち

あなたはどっちの秋が好き?「芸術の秋」or「食欲の秋」

お出かけしやすい秋シーズン到来!

こんにちは。山陰のタウン情報誌「ラズダ」の編集部みずっちです。

秋の過ごしやすい気温に思わずどこか出かけたくなりますよね。でもお出かけのプランニングって結構たいへん〜。

そこで今回は以前にご紹介した「中国5県ドライブスタンプラリー2022」から、秋にピッタリなコースを考えてみました!

題して「芸術の秋コース」&「食欲の秋コース」!

広島県から島根県にかけて、秋にピッタリの日帰りドライブ旅。

アート作品や美しい日本庭園に感性が磨かれる「芸術の秋コース」。一方の「食欲の秋コース」はご当地フードや地域こだわり品を集めたアンテナショップでお腹も心も満タンに。

みなさんはどっちのコースが好み?

前回のコースはこちら》【中国5県ドラスタ】浜田広島道海の幸・山の幸満喫の旅

■芸術の秋コース

1.奥田元宋・小由女美術館

三次市出身の芸術家夫妻の作品を紹介

今回のドライブ旅のハイライトとなるのがこちらの『奥田元宋・小由女美術館』。

日本初、夫婦で文化勲章を受賞した日本画家・奥田元宋と、人形作家・奥田小由女の夫婦の名を冠した美術館です。

夫妻の名前が付いている美術館は日本でもここだけ。

ロビーから見える景色はフォトスポットとしても人気。

日本画家・奥田元宋が好んで描いたモチーフである“月”を実景でも美しく見せるために設計されています。

年数回の展示替えを行いながら、年間を通じて様々な作品を展示しているので、何度行っても楽しめますよ!

『芸術の秋』に訪れて、たくさんのアート作品を鑑賞して感性を磨こう。

奥田元宋・小由女美術館

オクダゲンソウ・サユメビジュツカン
電 話:0824-65-0010
住 所:広島県三次市東酒屋町10453-6 [MAP]
営 業:9:30~17:00(最終入館16:30)
定 休:水曜*原則として水曜が祝日または満月の場合は開館、翌平日休館。
駐 車:あり(有料)
情 報:HP
JAF通年優待:観覧料大人(常設展示・企画展示)100円引 観覧料高校生(企画展示)100円引※会員含む2名まで

2.道の駅たかの

人気商品は「高野りんごのアップルパイ」

芸術にふれた後は、お待ちかねのお昼ごはん!

『道の駅たかの』は中国やまなみ街道(尾道・松江線)「高野IC」を降りてすぐに位置する道の駅。

標高が高く、年間の平均気温は10.9 度とその冷涼な気候からりんご栽培が盛ん。特に「高野りんご のアップルパイ」は年間6万個を売り上げる超人気商品です。

カフェレストラン『そらら』ではランチバイキング開催中!

旬の野菜を使ったサラダやお惣菜、天ぷらは実演調理で揚げたてサクサクが食べられますよ〜。そのほか、庄原野菜をふんだんに使ったメニュー、デザートも盛りだくさん。

中国山地の山並みや高速道路を眺めながら、お腹いっぱいに満喫しよう!

こちらは「雪室(ゆきむろ)」と言って、“雪の降る里・庄原の雪”を活かしたとっても珍しい自然の冷蔵庫。地域の特製を活かしてこんな施設を作っちゃうってスゴイですよね〜。

ここで地域の特産品や加工品をじっくりと雪室の中で冷蔵して、みずみずしい鮮度を保った「雪室じゃがいも」や「雪室熟成ケーキ」などお土産にもオススメです。

道の駅たかの

ミチノエキタカノ
電 話:0824-86-3131
住 所:広島県庄原市高野町下門田49 [MAP]
営 業:9:00~18:00
定 休:第2・4水曜
駐 車:あり
情 報:HP
JAF通年優待:レストランにてランチアフターコーヒー1杯無料※会員のみ
スポットクーポン:カフェレストランそらら カフェタイムお会計から100円引

カフェレストランそらら

営業時間:11:00~17:00
ランチタイム:11:00~14:30 ※14:00オーダーストップ
カフェタイム:14:30~17:00 ※16:30オーダーストップ
※定休日は道の駅に準じます。

3.日本庭園 由志園

山陰一の規模を誇る回遊式日本庭園

さて、『芸術の秋コース』最後のスポットは、締めくくりに相応しい山陰が誇る日本庭園『由志園』。

こちらの「夜紅葉」は山陰最大級の池泉回遊式日本庭園で催す紅葉のライトアップ。言葉が奪われる絶景とはまさにこの光景ですね。

昼間とは一変する夜ならではの幻想的な世界を堪能できます。開催期間は11月中旬~12月上旬。

三万輪の牡丹が池泉に浮かぶ「池泉牡丹」。

「由志園」がある大根島が日本一の牡丹の産地だから実現できる一大イベントです。

冬になるとイルミネーションも。130万球のLEDが点灯する島根県最大規模のイルミネーションで、冬牡丹との華やかな共演は由志園の風物詩になっています。開催期間は12月中旬~下旬。

庭園内には庭園の池泉を一望できるカフェ「一望」もあるので、ゆっくりくつろぎながら美しい光景を堪能しよう。

日本庭園 由志園

ニホンテイエン ユウシエン
電 話:0852-76-2255
住 所:島根県松江市八束町波入1260-2 [MAP]
営 業:10:00~17:00(イベント開催中は延長あり)
定 休:12/30・31
駐 車:あり
情 報:HP
JAF通年優待:入園券購入の方、オリジナル石鹸1個進呈※会員のみ

■食欲の秋コース

1.世羅高原農場

四季ごとに様々な花が咲き誇る、花の観光農園

「食欲の秋コース」のスタートは、園内総面積約15万平方メートルの広大な敷地に様々な花が咲き誇る「世羅高原農場」から。春夏秋冬それぞれに季節を象徴する花が咲きます。

秋は550品種7500株のダリアとガーデンマムが見ごろ。近くから見ると一輪一輪の美しさを感じられ、遠くから見ると絵画のような花色の重なりを満喫できますよ!

そして、世羅高原と言えばご当地フード「せらバーガー」。

世羅高原豚を使用したオリジナルのパテで、なんと一日1000個を売り上げる大人気グルメ。全国ご当地バーガーグランプリにも入賞している「せらバーガー」はここでしか味わえないひと品です。

そのほか周辺施設には、「農場レストラン」や「花屋台」など、食事からスイーツまで盛りだくさんなので、たくさん食べて楽しみましょう。

世羅高原農場

セラコウゲンノウジョウ
電 話:0847-24-0014
住 所:広島県世羅郡世羅町大字別迫1124-11 [MAP]
営 業:9:00〜18:00(最終入園17:00)
定 休:イベント期間中はなし
駐 車:あり
情 報:HP

2.出西窯

ふれて感じる民藝文化。併設のベーカリーカフェも要チェック

お次は出雲市斐川町にある『出西窯』。陶器の成形などをする工房で、隣には製作された出西窯の器を展示販売している『くらしの陶・無自性館』」があります。

こちらでは常時手にとってもOKなので、一つひとつ感触を確かめてみて。普段の食事などでの使用イメージを膨らませながらショッピングを。

生活に取り入れやすいデザイン陶器も多いので、お皿やコップなどにこだわりたい方にオススメです!

その他敷地内には、ベーカリーカフェ「ル コションドール 出西」や、セレクトショップ「Bshop 出西店」を併設。

「出西くらしのvillage」は建物からお店までどれもおしゃれな空間が広がる素敵な場所ながら、食事もショッピングもできる便利な場所になっています。

これからの暮らしのお供になる道具が見つかるかもしれませんよ〜。

詳細はこちら》出西 くらしのvillage

出西窯

シュッサイガマ
電 話:0853-72-0239
住 所:島根県出雲市斐川町出西3368 [MAP]
営 業:9:30~18:00
定 休:火曜
駐 車:あり
情 報:HP
JAF通年優待:3,000円以上購入の方、箸置き1個進呈※会員のみ

3.八百万マーケット

ここにしかない、八百万の神々が集う地で育まれた産品

「食欲の秋コース」最後のスポットはこちらの「八百万マーケット」

松江のこだわり品を集めたアンテナショップで、地域の産品を通して、地域やヒト、商品の魅力や想いを発信されています。

そんな地域の大切な資源を活かして、数々のオリジナル商品をプロデュースしており、ここでしか手に入らない商品もありますよ〜。

店舗内にある清涼飲料水の製造工場『八百万LAB.』。素材と製法にとことんこだわって作る「プレミアムトマトジュース」が大人気!

ここにしかない、八百万の神々が集う地で育まれた産品を、 旅のお土産や大切な方への贈り物にいかがでしょうか?

ちなみに「八百万マーケット」は玉造温泉街にあるので、そのまま温泉に行って宿泊パターンもアリかも。

温泉に浸かりながら今日一日の疲れを癒やしちゃいましょう!

【近くのオススメスポット】玉造温泉の温泉宿『旅亭 山の井』。庭園と一体になれる露天風呂を日帰りで満喫

八百万マーケット

ヤオヨロズマーケット
電 話:0852-67-6650
住 所:島根県松江市玉湯町玉造44-4 [MAP]
営 業:9:00~18:00
定休日:火曜
駐 車:なし※玉造温泉街入り口の無料駐車場をご利用ください。

情 報:HP


まだある!今回紹介したコース周辺のおすすめスポットまとめ

広島県から島根県にかけて秋のお出かけにピッタリな「芸術の秋コース」と「食欲の秋コース」のドライブ旅。お出かけのお役に立てになっていればうれしいです!

今回紹介したコース周辺には、まだまだ魅力的なスポットがいっぱい。プランニングに合わせて追加するなど、参考にしてくださいね。

【島根県松江市】道の駅本庄

本庄は武蔵坊弁慶が生まれ育った地として語り継がれ、周辺には弁慶にまつわる数々の地があります。

「道の駅本庄」では地元産品(西条柿・赤貝・鮑等)を使ったオリジナル商品も多数取り揃え。中でも人気No.1が「弁慶の焼きどころ」。もちもちの皮に地元産大粒黒豆を入れて焼いた和菓子です。

道の駅 本庄

ミチノエキ ホンジョウ
電 話:0852-34-1528
住 所:島根県松江市野原町401-8 [MAP]
営 業: [情報室]8:30~18:00[産直市]9:00~18:00
定 休:奇数月の第3火曜(ただし3・9月は第2火曜)、盆休み・年末年始
駐 車:あり
情 報:HP

【島根県雲南市】菅谷山内-高殿

中国地方一帯では、古くから「たたら製鉄」が盛んに行われ、菅谷たたら山内の中心にある「菅谷高殿」は、全国で唯一現存する高殿様式。

昭和42年に「国の重要有形民俗文化財」に指定され、当時のままの姿で残っている貴重な建物です。

菅谷山内-高殿

スガヤサンナイタカドノ
電 話:0854-74-0350
住 所:島根県雲南市吉田町吉田4210-2 [MAP]
営 業:9:00~17:00(最終入館16:00)
定 休:月曜
駐 車:あり
情 報:HP

JAF通年優待:菅谷たたら山内 入館料大人団体料金適用 ※会員含む5名まで

【広島県尾道市】千光寺

玉の岩伝説が残る尾道の歴史あるお寺「千光寺」。尾道港を一望でき、「千光寺ロープウェイ」でのお参りもできます。

また、鐘を吊り下げて撞き鳴らすための建物「鐘楼」は、「日本の音風景百選」の一つに選ばれています。

千光寺ロープウェイはこちら》千光寺山ロープウェイトップページ

千光寺

センコウジ
電 話:0848-23-2310
住 所:広島県尾道市東土堂町15-1 [MAP]
営 業:9:00~17:00
定 休:なし
駐 車:あり
情 報:HP

【広島県福山市】福山自動車時計博物館

展示物すべて写真撮影OKの体験型博物館「福山自動車時計博物館」

「のる・みる・さわる・写真を撮る」ができる博物館は珍しいですよね。年中無休で開館していて、毎週土曜日は高校生以下入館無料!

クラッシックカーやアンティーク時計など、大人が楽しめる展示物もたくさん。好きな方は夢中になってしまう博物館です。

福山自動車時計博物館

フクヤマジドウシャトケイハクブツカン
電 話:084-922-8188
住 所:広島県福山市北吉津町3-1-22 [MAP]
営 業:9:00~18:00
定 休:なし
駐 車:あり
情 報:HP

JAF通年優待:入館料 大人200円引、中高生・65歳以上の方100円引、3歳~小学生50円引 ※会員含む1グループ

【注目】ドライブスタンプラリーやってるよー!

みなさん広島と島根のドライブ旅いかがでしたでしょうか〜?

冒頭でもお伝えしましたが、今回ご紹介したスポットは「中国5県ドライブスタンプラリー2022」から秋にピッタリなスポットを選んでみました!

まだまだスタンプラリー実施中!秋のお出かけにみなさんぜひ参加してみてくださいね〜。

中国5県をめぐり、スタンプを集めるドライブスタンプラリー。

道の駅や高速道路SA・PA、観光地の各コースのスタンプを集め、コースごとにスタンプ全て(5個~)を取得すると、プレゼント抽選に応募できます。

毎年開催されていて、「ドライブのきっかけになった!」、「新しい発見があった!」、「プレゼントがもらえるワクワク感が楽しめる」など好評なスタンプラリーなんです。

詳細はこちら》中国5県ドライブスタンプラリー2022 | JAFナビ

スマートフォンで簡単・誰でも無料で参加OK!

1. ユーザー登録する

まずはユーザー登録から。ドライブスタンプラリー専用サイトを開くと、開催中のラリーが一覧表示されます。

アプリのインストール不要なので、誰でもスマホで参加OK。

2. ラリーに参加する

参加したいドライブスタンプラリーを見つけたら、「参加する」ボタンを押すとラリーに参加できます。

準備ができたら、いよいよドライブへ出かけましょう!

3. スタンプを集める

立ち寄りポイントに着いたら、位置情報(GPS)をONにし、スタンプをゲット!
※対象施設内に掲示しているポスターに表示された各スポット専用の「スタンプコード」からも取得可能。

4. 特典をゲットする

必要数のスタンプを集めると、特典が付きます。ドライブスタンプラリーの「特典」欄をチェックしてください。

スマートフォンから簡単に参加できるのでぜひやってみてくださいね!

ドライブスタンプラリー専用サイトはこちら》ドライブスタンプラリーについて

抽選プレゼントもあるよー!

必要数のスタンプをコンプリートすると各地の名産品や特産品などを抽選でプレゼント!

ドライブスタンプラリーの流れ、楽しみ方はこちらを確認お願いします。

今回のコースはこちら》【中国5県ドラスタ】歴史に学ぶ尾松線の旅

各コースによってプレゼントが違うので、色々な場所に行ってスタンプを集めちゃおう!

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部みずっち

タウン情報ラズダ編集部

編集部みずっち

日刊webラズダ編集部。愛知県出身→東京→大阪→境港市在住(Iターン)。
だいたい2週間に一回坊主頭にしている三十路父ちゃん。「顔色悪いよ?」と心配されるので髭を剃るのはやめました。

DIYで家をリフォームしてみたり、畑仕事やら釣りやらバーベキューやらとやったことのないことにチャレンジ中。
楽しいことに夢中になるとついつい時間を忘れて、次の日は大抵体がしんどいです・・・。

【みずっちの過去記事一覧はこちら】