秋は夜さんぽへ。松江城周辺がやさしい灯りに包まれる『松江水燈路』が3年ぶり開催

編集部みずっち
編集部みずっち

3年ぶりの開催!水の都・松江市をやさしく照らすイベント「松江水燈路」

2022年9月23日~10月16日の土日祝に、3年ぶりの『松江水燈路』が開催されます。

島根県松江市の国宝『松江城』。城下町は無数の行燈や光のオブジェに照らし出され、幻想的な光と闇に包まれます。その光景はまるで、人工の灯りがなかった頃にタイムトリップしたかのような様子で、いつもとは違う『松江城』の風景を堪能できますよ。

そのほか、地元のお店がご当地グルメを屋台で販売したり、ワークショップなどを行ったりとイベントも盛りだくさん!早速ご紹介していきます。

『松江水燈路』の場所、駐車場

『松江水燈路』が開催されるのは国宝『松江城』から塩見縄手周辺にかけて。個性的な行燈がたくさん設置され灯りが灯ります。

駐車場は土日祝に無料開放になる「おもてなし駐車場」、「大手前駐車場」など多数。詳しくはこちら

やわらかな光と秋の夜風に癒やされる。数々の個性派手作り行燈

松江の城下町が光と影の燈火で満たされるライトアップイベント「松江水燈路」。今年は約3年ぶりの開催です!

松江の人が一丸となってイベントを盛り上げ、温かく歓迎してくれる「松江水燈路」は松江の伝統文化になりつつあるイベント。

会場全体に並んでいるたくさんの行燈もそのひとつ。なんと松江市民のみなさんが手作りしていて「松江らしさ」「島根の魅力(神話や名所)」をテーマにした行燈も並んでいるとのこと。

市民参加型の「手作り行燈コンテスト」も開催されるみたいなので、とても温かみのある楽しいイベントになっています。

一年でこの時だけ!堀川遊覧船の“夜間運航”でスペシャルな体験を

『松江水燈路』目玉は一年でこの時だけの乗れる「堀川遊覧船夜間運航」

船上より風情ある街並みが残る塩見縄手に目をやると、水燈路行燈がゆらぎ、また会場全体でたくさんの行燈が並びます。

ゆったり進む屋根つきの小さな船で夜間の幻想的なひと時を過ごせます。一年でこの時だけの“夜間運航”で非日常的な水上さんぽを体験してみて!

地元アーティスト作品や注目イベントも

2020年に地元アーティストが制作した行燈は、ご時世から動画配信のみとなりましたが、今年はなんとその作品たちも登場。その場で観賞できますよ!

地元にゆかりのあるアーティスト作品。芸術やアートってなんだか難しいイメージもあるけれど、作家さんが同じ地元というだけでちょっぴり親しみやすさも出てくるもんです。

そんな軽い気持ちで地元アーティストが制作した行燈を見てみてはいかがでしょうか〜。

ちょっぴり変わったイベントも!

開催期間中(合計10日間)には様々なイベントが開催予定。

その場で作品を作り上げていくライブアート、松江市出身のヘアメイクアーティスト松本あきお氏プロデュースによる、衣装とヘアメイクを中心としたファッションショーなどなど。

中には、小さなお子さんも絶対楽しい「ペンギンのお散歩」なんて一風変わった催しも。『松江フォーゲルパーク』から来るんだって〜。

その他多数のイベントが開催予定なので詳しくはこちらからチェックして、目星を付けてみてくださいね〜。

3年ぶりに開催される『松江水燈路』。秋の夜にピッタリな行燈のやさしい光が国宝松江城から塩見縄手周辺に灯ります。

家族やグループ、カップルとみんなが楽しめるイベントも盛りだくさん。地元店のご当地グルメも屋台で販売してるので食べ歩きも楽しめますよ!

また、縁日やワークショップなど楽しいことモリモリ!無数のやさしい行燈の灯りに包まれながら幻想的なひとときを過ごしませんか?

松江水燈路 概要
主体 松江ライトアップキャラバン実行委員会
実施日程 2022年9月23日~10月16日の土・日・祝
9/23(金・祝)、9/24(土)、9/25(日)、10/1(土)、10/2(日)、10/8(土)、10/9(日)、10/10(月・祝)10/15(土)、10/16(日) 計10日間
時間 18時~21時
行燈設置エリア 松江城、塩見縄手通り、松江堀川地ビール館(ふれあい広場)、堀川遊覧船の夜間運航を限定実施

松江水燈路

マツエスイトウロウ
住 所:島根県松江市殿町1-5 [MAP]
駐 車:あり
情 報:HP

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部みずっち

タウン情報ラズダ編集部

編集部みずっち

日刊webラズダ編集部。愛知県出身→東京→大阪→境港市在住(Iターン)。
だいたい2週間に一回坊主頭にしている三十路父ちゃん。「顔色悪いよ?」と心配されるので髭を剃るのはやめました。

DIYで家をリフォームしてみたり、畑仕事やら釣りやらバーベキューやらとやったことのないことにチャレンジ中。
楽しいことに夢中になるとついつい時間を忘れて、次の日は大抵体がしんどいです・・・。

【みずっちの過去記事一覧はこちら】