動画|ココならバレない!?出雲市内の穴場サボりスポット3つ

編集部べーやん
編集部べーやん

仕事仲間に見つからない!? 出雲市内のサボりスポットを探してきた

どうもこんにちは。山陰のタウン情報誌「ラズダ」編集部のべーやんです。

鳥取・島根のローカルネタに特化したYouTubeチャンネル「ラズダTV」。

今回は、きっと仕事仲間にバレないであろう、出雲市内のサボリスポットをご紹介!

仕事の合間に気分転換できそうな、街ナカのスポットをぐるっと探ってきました。みなさんもサボ…リフレッシュしたい時に利用してみて!

★念のため断っておくと、本動画はサボることを推奨する動画ではありません。冗談半分でご覧くださいm(__)m

河川敷に癒される『旧神戸堰公園』

最初に向かったサボりスポットは、出雲市高松町の『旧神戸堰公園(かんどせきこうえん)』

神戸橋(かんどばし)を望む神戸川沿いにあり、視界も開けて開放的な公園。

遊具などはありませんが、トイレや自販機があり、駐車場も充分。広場には腰を下ろせる東屋(あずまや)も。

何より神戸川に面しているので、河川敷を歩きながら、せっせと車で行き来する人を眺め・・・。

神戸川の穏やかな風景を眺めながら、のんびりリフレッシュできます!

旧神戸堰公園

キュウカンドセキコウエン
住 所:島根県出雲市高松町 [MAP]
駐 車:あり


灯台下暗し!出雲駅前温泉『らんぷの湯』

続いては、JR出雲市駅前にある日帰り温泉施設『出雲駅温泉 らんぷの湯』へ。

ここにも最高のサボりスポットがあるのです。

「え、駅前でサボるなんて危険!」、「気が狂っている!」との声が聞こえてきそうですが、ご安心ください。

一見、サボるには危険地帯に思える出雲市街の中心地。しかし、だからこそ「灯台下暗し」なスポットが潜んでいるのです!

温泉に入るわけではありません。オススメのサボりスポットは、『らんぷの湯』入口横にあるこちらの足湯。

ありがたいことに無料で利用できる東屋造りの足湯で、視界も大通りから遮られているので、安心してくつろげる場所です。

みんなが仕事している最中に、足湯に浸かってボーっとするなんて最高ッ・・・!

罪悪感がありますが、ひと息ついてのんびりリフレッシュできるはずです。

ただし、温泉施設に入るために駐車場代がかかりますので、そこだけ難点といえます。「サボるためにお金を払う」のが抵抗ある方にはオススメできません。

出雲駅前温泉 らんぷの湯

ランプノユ
電 話:0853-20-2626
住 所:島根県出雲市駅南町1-3-3 [MAP]
営 業:10:00~22:00(最終受付21:30)
休 み:第1水曜
料 金:【日帰り入浴】大人720円、65歳以上(16時まで)510円、小学生以下410円、3歳以下無料
*土日祝は大人770円、65歳以上(16時まで)610円、小学生以下460円 *足湯は無料
駐 車:140台
情 報:HP

【過去の取材記事】JR出雲市駅から徒歩1分の日帰り温泉『らんぷの湯』は街中でリフレッシュできる癒しスポット


絶景を眺める穴場『グリーンステップ展望広場』

続いては、出雲平野を見渡せる穴場の絶景スポット『グリーンステップ展望広場』へ。

斐伊川放水路沿いの出雲ロマン街道から坂道を登った先にあります。

出雲市塩冶町の市街地からは車でおよそ10分弱と近く、お昼休憩の時間などにもふらっと寄れそうです。

さすがにココはバレないでしょう!駐車場は20台近くとめられそうなほど広々。仮設トイレもありましたが、取材時は手洗い場が使用できなかったので注意が必要です。

広場の展望台へ上がると、視界いっぱいに広がる出雲平野!

夕日や夜景もキレイなので、デートスポットとしても良さそうですね。

なんでしょう、仕事をサボりながらこの絶景を眺める贅沢感・・・。いや、征服感というか、背徳感というか・・・。

なんだか不思議な開放感が味わえる展望スポットです。

ちなみに動画ではそのほかの「サボりスポット」も巡っています。出雲市街地でお勤めの方、ぜひチェックしてみてくださいね!

グリーンステップ展望広場

グリーンステップテンボウヒロバ
住 所:島根県出雲市塩冶町 [MAP]
駐 車:あり

本編はYouTube「ラズダTV」で公開中

本編は、YouTubeチャンネル「ラズダTV」で公開中!良かったらぜひご覧ください♪
サムネイル
シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部べーやん

タウン情報ラズダ編集部

編集部べーやん

山陰のタウン情報誌「ラズダ(Lazuda)」の編集長。出雲市佐田町出身。
入社以来、ラズダを作り続ける編集スタッフ。新しいラーメン屋には行かなきゃ気が済まないィィ性格(だそう)。
超ローカルYouTubeチャンネル「Lazuda TV」の立ち上げから、企画・編集・出演を務めています!

【べーやんの過去記事一覧はこちら】

YouTubeチャンネル【Lazuda TV】

べーやんのTwitter

会社のべーやんブログ