自然と友達になれるかも。『マウンテンストリームきしもと』は川遊びも植物観察も楽しい穴場

編集部あつきち
編集部あつきち

超穴場。伯耆町の大山麓にある『マウンテンストリームきしもと』

こんにちは! 山陰のタウン情報誌「ラズダ」の編集部あつきちです。

今回は大山にある川遊びスポット『マウンテンストリームきしもと』を紹介します。

川遊だけじゃなく、植物園もあって、植物や虫観察もできそうな自然を身近に感じられる場所でしたよ!

一緒に探検している気分で見てみてね。

『マウンテンストリームきしもと』の場所、駐車場

『マウンテンストリームきしもと』があるのは、大山観光の拠点『大山ガーデンプレイス』から500mほどの場所。専用駐車場もあり、車で行けば1分ほどで到着します。

伯耆町のHPによると“ペットを連れての入園はご遠慮ください”とあるので気を付けて!そのほかの注意事項はコチラ

【関連記事】さくら祭りやってた!伯耆町『交流の森』こども広場で春さんぽ【公園であそ部】

まるでゲームの中に入って冒険しているよう

まず、駐車場に車をとめます。駐車場は思っていたより広く、15台くらいは止められそう(もっとかな?)。

さぁ、探検スタート!

森を抜け植物園の方へ行ってきまーす(^▽^)

まずは『マウンテンストリームきしもと』の園内マップをチェック。

地図を見るだけでもかなり広そうなのが分かります↓

森の中はとっても静か。笹の葉の音がしたり、鳥のさえずりが聞こえたり。

怖い雰囲気はまったくないので、ご安心を!(私以外にも1組、トレッキングのお客さんがおられました^^)

なんか、冒険系のゲームに出てきそうな景色↓

(あまりゲームしないから知らんけど・・・)

森を抜けたら気持ちのいい自然風景が待っていた!

こんなところがあったとは知りませんでした!

森を抜けたら橋があり、その向こうには川が流れ、小屋みたいなのもあって、本当に冒険しているかの気分に。

早速、川辺へ。

水が流れる音が、最高に爽やかな気持ちにさせてくれます。川遊びも楽しいだろうな~。

岩を飛び石のようにして行ったり来たりして遊んでもいいですね。

これからの夏、いい思い出も作れそう。

興味を持ってじっと観察したら、友達みたいな親近感が湧いてくる

聞いたことない名前の木。

ちょっと気になり調べてみたら、「キングフィッシャーデージー」という花が検索に出てきて、「フィッシャー」が付いた名前の植物学者が出てきて・・・。

この手書きの感じも相まって、ますます気になってしまう。(誰か教えて~~)

植物園ともあって、園内の植物には学名付きで紹介してありました。

「へぇ~」とか「ほぉ~」とか一人ブツブツ言いながら、園内探検を満喫しました。

春には梅や桜の花見もできます。

今回はあまりゆっくりできませんでしたが、時間かけて歩いたり、植物や川の中をじっと見つめてみると、もっといろんな発見があって、自然を友達のように身近に感じられるかも。

春、夏、秋、冬。それぞれ季節ごとに行ってみて、いろんな自然の植物をじっくり見てみることができるのも、大山ならぬ鳥取、山陰の良いところですよね~。

マウンテンストリームきしもと

マウンテンストリームキシモト
電 話:0859-39-8111(大山ガーデンプレイス)
住 所:鳥取県西伯郡伯耆町丸山(小林大橋下)[MAP]
営 業:周辺自由
休 み:12~2月
駐 車:あり

【過去の取材記事】伯耆町『マウンテンストリームきしもと』は穴場の無料川遊びスポット。夏感100点の爽快レジャーを!

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部

編集部あつきち

日刊webラズダ編集部。鳥取県出身の元栄養士でありながらもっぱら食べる専門。
食べること、週末のビールをモチベーションに日々の業務に取り組んでいる(らしい)。好きな食べ物は大豆製品。最近のブームは焼肉。

【あつきちの過去の記事一覧はこちら】

ラズダ公式Instagram

あつきちのInstagram