[10月末まで再開]利用方法も解説!#WeLove山陰キャンペーンは宿泊料半額に加えて地域限定クーポンも※現在は鳥取県民のみ

編集部いしやん
編集部いしやん

宿泊費が最大半額になる「#WeLove山陰キャンペーン」。鳥取県民限定で10月末まで再開

「#WeLove山陰キャンペーン」は、鳥取・島根の両県民を対象とした地元観光促進のキャンペーン。

なんと宿泊施設は半額(上限5000円)、観光施設や体験型観光メニューもそれぞれ割引になります!

これまでにも幾度と期間が延長された注目のキャンペーンです。もちろん、お出かけする際は感染症対策も必須ですが、普段は中々行く機会がない地元を周遊できますね。

今回は利用方法や対象期間などをサクッとまとめてみましたので、“地元再発見”お出かけのプランニングに役立ててください。

★2021年9月22日、鳥取県内における鳥取県民のみの利用が再開したため記事を改訂しました!

!重要なお知らせ(9/22更新)!

下記の通り、変更となっていますのでご注意ください。

●島根県民の方
島根県民の鳥取・島根両県への旅行・宿泊の料金は当分の間、キャンペーンを休止。
※詳細は島根県ホームページを確認。

●鳥取県民の方
鳥取県民の鳥取県内の宿泊・旅行については、9月22日~10月31日の間、再開。島根県内の宿泊・旅行は対象外。
※詳細は鳥取県ホームページを確認。

「#WeLove山陰キャンペーン」とは?

「#WeLove山陰キャンペーン」とは、島根・鳥取の両県民を対象とした消費喚起キャンペーンです。※現在は、鳥取県民の鳥取県内の宿泊・旅行のみ対象

このキャンペーンでオススメなのが地元旅行です。

近いからこそあまり行く機会がない場所(最近行ったのは小学校の時の遠足、なんてことないですか?)に行ってみるチャンス。
「灯台下暗し」じゃないですけど、楽しいことは意外と近くに隠れているかも。

一人ひとりが感染症対策をしっかりとしつつ、地元旅を満喫しませんか?

「#WeLove山陰キャンペーン」の利用方法(宿泊施設を利用する時)

「#WeLove山陰キャンペーン」で宿泊施設を利用する際の流れはこんな感じ。

  1. 対象施設を確認して、直接お宿に連絡・予約。
  2. 予約時に「#WeLove山陰キャンペーン」を利用する旨を伝えておこう。
  3. 本人確認書類(運転免許証・健康保険証等)を持参。
  4. 施設利用時に、入口でアンケートに回答(お住まいのエリア、人数、来訪動機)。
  5. アンケート回答後、料金の割引対応をしてくれます!

体験・宿泊後はSNSで「#WeLove山陰キャンペーン」のハッシュタグで、地元の魅力を拡散するのも楽しそうです!

利用金額に応じて地域限定クーポンがもらえます!

キャンペーン再延長と合わせて発表されたのが地域限定クーポンの配布です。

これは、#WeLove山陰キャンペーン利用時の利用金額に応じて、1人あたり最大2000円分のクーポンを配布するというもの。地元の飲食店やお土産物店などで使用できるようになるそうです。

「#WeLove山陰キャンペーン」の対象施設は?

島根・鳥取両県ともに、ホテルや旅館などの宿泊施設、観光施設などが対象となっていて、体験型メニュー、例えばレンタサイクルや日帰り温泉なども対象とのこと。

プランニングが苦手なら、県内旅行会社が企画・催行する県内の日帰り・宿泊ツアーを利用するのもオススメです。

対象施設はもちろんのこと、キャンペーンの対象内容等も、島根・鳥取でそれぞれ異なる場合もあるため、各県のHPを確認しておきましょう。

【島根県の対象施設はコチラ】

【鳥取県の対象施設はコチラ】

「#WeLove山陰キャンペーン」まとめ
キャンペーン期間 2021年3月1日~10月31日
※宿泊は11月1日チェックアウト分まで対象。
※GoToトラベル事業が再開された場合は本キャンペーンは終了。
※現在は鳥取県民の鳥取県内の宿泊・旅行のみ対象
割引内容 ●宿泊施設…半額(上限5000円)
●日帰り旅行…半額(上限5000円)※島根県は一部ツアーに限る
●観光施設・体験メニュー・日帰り温泉…鳥取県は半額(上限3000円)
地域限定クーポン 1人あたり最大2000円分を配布。
注意事項 本人確認書類(運転免許証・健康保険証等)を要持参。
施設利用時に、入口でアンケートに回答しましょう。
地域限定クーポンの配布時期は各県により異なるので事前に要確認。

新しい情報が入り次第、更新も行っていきます!

まだまだ予断を許さない状況が続きますが、限られた時間・行動の中でも、めいっぱいお出かけを楽しんでください!

#WeLove山陰キャンペーンの詳細は各県の公式HPでチェックを!

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部いしやん

タウン情報ラズダ編集部

編集部いしやん

島根・鳥取のタウン情報誌ラズダ編集部スタッフ。島根県松江市出身→浜田市→大阪→奈良→松江市在住。
「日刊webラズダ」では編集デスクを務めています(ただの机です)。喫茶店の冷えたおしぼりと、帽子が大好物な三十路。
日刊webラズダでは主にグルメ、ショップ、キッズ関係の記事を担当しています。あ、あとバツイチ&2児のシングルファーザーです。(←どうでもいい??)

ラズダ公式Twitter

ラズダ公式Facebook

いしやんのInstagram(フォロー歓迎!)

会社のいしやんブログ

暮らしお役立ち情報レジャーおすすめスポット地元ニュース