大掃除を成功させるためのコツは“計画的なちょこちょこ掃除”にあり!【おかたづけ“エバラPOINT”vol.33】

教えてエバラさん
教えてエバラさん

年末にもたつかない!大掃除を成功に導くポイントを紹介します

みなさん、こんにちは!倉吉市在住の整理収納アドバイザー・エバラです!

12月に入り、クリスマス、年賀状、大掃除、お正月の準備など、皆さんの頭の中には“やらないといけないリスト”がずらっと並び、せわしくなっていませんか?

その中でも一番やる気が起きないのが大掃除……。大掃除と、考えるだけでストレスを感じてしまうと言う人まで。

そんなやる気の起きない大掃除を後回しにしてしまい、年の瀬にグッタリ……。なんて事にならないためにもまずは「時間と場所」の計画を立てることが大切です。

大掃除は「どこを掃除する?」も大切だけど、「時間」の計画も超大事!

まずは時間。いつもやらない場所を年末にドカッと掃除しなくていいように「ちょこちょこ掃除」計画を立てましょう。

慣れない大掃除を長時間するのは疲れるので、毎日の家事のついでにちょこっとするのがオススメです。そうする事でまとめてするより、1回の負担も軽くて済みます。

また、大掃除で必ず出る処分を必要とするゴミの始末もできます。最終処分日から逆算して計画を立てるのもいいでしょう。不要なモノを持ち越したまま、新しい年を迎えるのではなく、お家も心もスッキリ新年を迎えたいですね。

時間の計画と合わせて「ちょこちょこ掃除」の場所も決めましょう!

時間的な計画だけではなく、場所の計画もぜひ立ててみてください。今回は「普段サボりがち&忘れがち大掃除スポット」をご紹介しましょう。

高いところ

カーテンレール、冷蔵庫の上、家具の上、高いところは普段目に見えない場所なので普段掃除しない。かなりホコリがたまりやすいです。

まずはホコリが乾いてるかor湿っているかを確認。乾いていたらハンディモップやワイパーでササっと。湿っていたら濡れ雑巾で拭きましょう。掃除中にホコリが舞って落ちるので、高いところから低いところの順番で。

通気口や換気口も要チェック

アパートなんかにある通気口、トイレや洗面、浴室の天井にある換気口は、キレイな空気を取り込む役割をする場所。ですが意外と汚れていて、忘れがちな場所のひとつ。

コード類、電気製品の裏側も

家電や、電化製品の裏側、コードやケーブルなどについたホコリ。テレビやパソコンのように静電気が起きやすい電化製品は、特にホコリが付きやすいので要注意。マイクロファイバーの毛足の長いモノを使って絡めとりましょう。家電製品には水分は天敵なのでご注意を。

いかがでしたでしょうか?

計画的な「ちょこちょこ掃除」で、今年の大掃除を効率良くクリアしていってくださいね。そうすればきっと、例年以上にゴロゴロできる年末が過ごせるハズ!(笑)

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
教えてエバラさん

整理収納アドバイザー

教えてエバラさん

「田舎で片付ける女」こと、整理収納アドバイザー1級・2級認定講師の資格を持つ“おかたづけ”のスペシャリスト。出会った人を元気にしてくれるエネルギッシュな人柄で、山陰各地で「おかたづけ」に関する講演も実施。そのほか、テレビ・ラジオ・雑誌等、出演、執筆も多数。

【教えてエバラさんの過去記事一覧はこちら】

鳥取県【整理収納アドバイザー 江原朋美】(HP)

田舎で片付ける女の日記(ブログ)

Instagram

おかたづけエバラPOINT整理収納暮らしお役立ち情報地元ライター連載コラム