米子キッズの遊び場に「虹色雨」。“懐かしい”も“新しい”もいいとこどり【山陰フォト散歩】

編集部あつきち
編集部あつきち

梅雨に見つけたカラフルな雨で心は晴れ晴れ

こんにちは。山陰のタウン情報誌「ラズダ」の編集部あつきちです。

どんよりした天気が続き、ついに山陰も梅雨入り。

梅雨入り前のある日、珍しく、パアッ!と青空が見えた日があったので、景色がいい場所でも歩いてリフレッシュしようと『湊山公園』へ行ってきました。

色加工なしでこの青空!

湿度も低く、スカッとした本当にいい天気でした。中海沿いに延びる『湊山公園』周辺の道でする、朝の散歩は気持ちいいですよ~。

その帰り際、『米子市児童文化センター』敷地内の広場「みなとやまプレーパーク」内である発見が!

ん???

木になんか吊るされとる。紐? リボン?

近づいてみた↓

なんて、かわいらしい!

宝石みたい。しずくのような形をしているようにも見える。中身は・・・水??

※現在は撤去されています。

『米子市児童文化センター』の場所、駐車場

『米子市児童文化センター』は「湊山公園」内にある施設で、米子駅から車で5分程度。駐車場も完備。

毎週日曜の10時~16時の間は、子どもたちの自由な遊び場をめざしたイベント【みなとやまプレーパーク】を開催。イベントの様子はこちらから見られますよ♪

かわいい色水♪ジメッとした気持ちも晴れていくみたい

カラフルなしずくの正体は、

「色水」でした!

実はこれ、『米子市児童文化センター』で行われたワークショップの作品。

「色水であそぼ」というワークショップが6月4日(土)に開催され、参加者のみなさんで作られたものだったんです♪

紙を使って水に色を付け、それをチューブへ入れて吊るしてあるそう。

「色水であそぼ」は初開催だったそうで、担当の方に聞くと「参加者さんにも好評で、またやりたいと思っているので検討中です!」とのこと(^^)

鳥取県立博物館美術振興課との共催のワークショップで、鳥取市の『鳥取県立博物館』でも同じ催しが開催されたようですよ♪

参加者のみなさんで作られた色水。オレンジ、水色、黄色、緑色。同じオレンジでもちょっとずつ色あいが違うようにも見えます。

柔らかい色合いで、木に吊るされていることもあってかわいさ倍増!

絵本の中の世界みたいで、きっと子どもたちも大喜びだったんだろうな~。

梅雨でジメジメした時期だけど、色水のおかげで心がとっても晴れやかになりました。

※現在は撤去されています。

米子キッズの遊び場「みなとやまプレーパーク」

そして、米子市出身の私が思わず「懐かしい~」と思ってしまった広場にある遊具たち。

「ここで遊ばない米子キッズっているの?」って思ってしまうくらい、市民にとっては定番の遊び場。

昔から変わらないこの丸太の遊具。

これめちゃくちゃ好きで、繰り返し遊んでいました。(順番待ちしていた幼少期が懐かしい…)

広場内にはかわいいベンチも♪

晴れた日にはここでお弁当広げて、お日様の下でピクニック。

時間帯によっては大きな木のおかげで影になり、ほど良く風も吹いて心地いい。

このカブトムシさんたちも昔からいた~(懐かしい~)。

上まで登るのが困難だった大きいカブトムシの角も、今では顔の位置に。

昔と変わらない「みなとやまプレーパーク」、新しくカラフルな色をまとった「みなとやまプレーパーク」。

おんなじ時間帯に「懐かしい思い」と「新鮮な気持ち」をいいとこどりした気分でした!

色水はすでに撤去されていますが、次のワークショップ開催に期待したいですね(^^)

\動画も撮って遊んじゃいました/

米子市児童文化センター

ヨナゴシジドウブンカセンター
電 話:0859-34-5455
住 所:鳥取県米子市西町133 [MAP]
営 業:9:00~17:00
休 み:火曜、12/29~1/3
駐 車:あり
情 報:HP Facebook

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部

編集部あつきち

日刊webラズダ編集部。鳥取県出身の元栄養士でありながらもっぱら食べる専門。
食べること、週末のビールをモチベーションに日々の業務に取り組んでいる(らしい)。好きな食べ物は大豆製品。最近のブームは焼肉。

【あつきちの過去の記事一覧はこちら】

ラズダ公式Instagram

あつきちのInstagram