お散歩でスッキリ!新遊具で遊んだり木陰で休んだり『東郷湖羽合臨海公園』【公園であそ部】

編集部あつきち
編集部あつきち

東郷湖を一望できる湯梨浜町の湖畔公園『東郷湖羽合臨海公園』

こんにちは。山陰のタウン情報誌「ラズダ」の編集部あつきちです。

鳥取にある、大きな湖といえば・・・

鳥取中部の湯梨浜町にある「東郷湖」ですね♪ 今回は、東郷湖畔に面する公園『東郷湖羽合臨海公園』へ行ってきました。

『東郷湖羽合臨海公園』といっても、範囲がとっっっても広い!

Googleマップで『東郷湖羽合臨海公園』と検索したら、候補地がいろいろ出てきます。その中でも、湯梨浜町の浅津地区にある『東郷湖羽合臨海公園(浅津地区)』の方へ。

『東郷湖羽合臨海公園』の場所、駐車場

『東郷湖羽合臨海公園』の住所は鳥取県東伯郡湯梨浜町下浅津。駐車場もトイレもあり。

車で3分ほどの場所には今年オープンしたカフェ『湖屋カフェ』もあって、焼き立ての自家製ピザランチが楽しめますよ。

【過去の紹介記事】【新店】湖とつながる絶景カフェ『湖屋カフェ』。自家製ピザと水辺の景色で癒しの時間-湯梨浜町

緑がいっぱい。湖もすぐ近くで自然を身近に感じられる

夏場はちょっと暑いけど、ウォーキングにピッタリな場所!

涼しい夕暮れ時は、心地いい風を感じながら歩くのが気持ち良さそうです。

疲れたら、木陰で休憩もよし。

ところどころ、湖畔には不思議な形をしたベンチもあった。

眺めがよくて空も広くて、気持ちがいい!

目の前が湖、柵を越えたらすぐ湖の中をのぞくこともできますね。

星みたいなベンチも。

また、南の方へ歩いていくとこちらもまた不思議な遊具エリアがありました。

ピンク色の、壁のような遊び場所。地面は砂場になっています。

丸い輪っかをくぐったり、細い壁の上を歩いてみたり。

結構幅が狭いので遊ぶ際には落ちないように気を付けましょう~。

令和2年にできた新遊具!

また、『東郷湖羽合臨海公園』の浅津地区には、令和2年に新しい遊具ができていたみたいですよ。

筒型のすべり台や波をイメージしたようなすべり台が複数一緒になったコンビネーション遊具。

青い空バックに青い遊具が映えていました。

日中はちょっと暑いかもしれないけど、木陰もたくさんあります。

暑くても、クーラーがずっと効いてる家の中にいると逆に疲れたりしますよね。

たまには外の空気を吸いに、公園へ出かけましょう。『東郷湖羽合臨海公園』は、どこ歩いても湖に面しているので、景色も楽しめるし、自然を身近に感じることができますよ~♪

東郷湖羽合臨海公園(浅津地区)

住 所:鳥取県東伯郡湯梨浜町下浅津 [MAP]
駐 車:あり
【トイレ】あり
【手洗場】あり
【自販機】あり

【公園であそ部って?】全力で“子ども”に戻る「公園の魅力“再発見”コラム」

公園といえば、子連れさんはもちろん、散歩をしたり、愛犬と一緒に散歩をしたり、天気の良い日は乾いた芝生の上で寝転がったり。言うまでもなく利用方法は人によって様々。最近では運動不足解消にウォーキングを楽しむ人も増えてきています。

このコラムは、米子・松江・出雲エリアを中心に、山陰の様々な公園に突撃し、童心に返った筆者が全力で公園の魅力を筆者視点で余すことなく(?)紹介していくコーナーです。

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部

編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部。鳥取県米子市、白ネギがおいしい町出身。

好きな食べ物は旬の野菜とくだもの、大豆製品。夏に見るツヤッツヤなナスと、冬のぶっくり太ったカブを見つけると、うれしくてテンションが上がります!

取材先で感動した場所は隠岐の島「摩天崖」、思い出の取材先は境港市「ポパイ」と大田市「Cafe Asbach」。
偶然が生む発見が大好物!ハプニングは好きな方です!

【あつきちの過去の記事一覧はこちら】

ラズダ公式Instagram

あつきちのInstagram